ニュージーランド大嫌い・・・・

ニュージーランドが嫌いな理由を日本人目線でみた記事があります。本当に日本人らしい意見です。オーストラリアへ行っても、アメリカへいっても同じ意見が出てくると思われます。日本は先進国の中で、物価面からみれば最も住みやすい国といわれています。住居費は安いし、物価も安い。日本人が、海外へいくと、まずは仕事する権利もない物価は高いし、いいことはありません。

海外で生活している日本人で、生活力がある人は、全体の2割もいない感じがしています。日系の大手企業の駐在員としてきている日本人を除いて、ほんの少数の方しか生活を楽しむレベルの収入がある方がいないようです。大半の方が生活をようやく維持できるレベルの収入しかないのではとも思われます。そういう人は、常に、給料が安いという文句を言い続けているような感じがします。日本と比較すれば、かなり時給は高いのですが、物価も高いのでたいへんというご意見です。

日本と物価を比較するとわかることですが、日本ではものを買う際に、住民税は支払いをしません。ニュージーランドでは、この住民税がないので、一般消費税(GST)と呼ばれる税金が、2倍(15%)程度かかります。ある意味、住民税は、このGSTに含まれているとも考えられます。私は、日本で住んでいる際には、住民税だけでも、毎年2百万円近く支払っていました。

NZの生活で、年間10万ドル程度消費していますので、GSTは、1万5千ドル(10万ドルx15%)程度の支払っています。今年は、5万ドルの新車を買ったので、7500ドルのGSTを支払っています。それでも、日本の住民税負担より、少ない状態です。加えて、このGSTから健康保険料や年金などへの支出もなされているので、日本で毎年百万円以上支払っていた健康保険料や年金も含めると、かなり割安な感じがします。

日本の場合には、所得税や住民税の計算などに、社会保険料や基礎控除額があるので、単純には、比較できませんが、トータル的には、生活に必要なレベルの資金は、あまり変わらないというのが私なりの結論です。ニュージーランドでは、6万~7万ドル程度の収入がある人が、日本の年収で3百万円程度の生活ができているということになるかもしれません。

NZの平均年収は、4万ドル程度なので、その1.5倍程度の収入がなければ、日本での年収3百万円程度の生活もできない状態となるということかもしれません。このような経済的な面も考慮して、海外へ移住する覚悟が必要であることは、間違いないようです。日本のほうが、低所得者にとっては、やさしい生活ができるということなのかもしれません。先進国ではなく、マレーシアなどへ行くと、まったく別の世界ですね・・・・・

 

 

 

 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。