ニュージーランド大嫌い・・・・

ニュージーランドが嫌いな理由を日本人目線でみた記事があります。本当に日本人らしい意見です。オーストラリアへ行っても、アメリカへいっても同じ意見が出てくると思われます。日本は先進国の中で、物価面からみれば最も住みやすい国といわれています。住居費は安いし、物価も安い。日本人が、海外へいくと、まずは仕事する権利もない物価は高いし、いいことはありません。

海外で生活している日本人で、生活力がある人は、全体の2割もいない感じがしています。日系の大手企業の駐在員としてきている日本人を除いて、ほんの少数の方しか生活を楽しむレベルの収入がある方がいないようです。大半の方が生活をようやく維持できるレベルの収入しかないのではとも思われます。そういう人は、常に、給料が安いという文句を言い続けているような感じがします。日本と比較すれば、かなり時給は高いのですが、物価も高いのでたいへんというご意見です。

日本と物価を比較するとわかることですが、日本ではものを買う際に、住民税は支払いをしません。ニュージーランドでは、この住民税がないので、一般消費税(GST)と呼ばれる税金が、2倍(15%)程度かかります。ある意味、住民税は、このGSTに含まれているとも考えられます。私は、日本で住んでいる際には、住民税だけでも、毎年2百万円近く支払っていました。

NZの生活で、年間10万ドル程度消費していますので、GSTは、1万5千ドル(10万ドルx15%)程度の支払っています。今年は、5万ドルの新車を買ったので、7500ドルのGSTを支払っています。それでも、日本の住民税負担より、少ない状態です。加えて、このGSTから健康保険料や年金などへの支出もなされているので、日本で毎年百万円以上支払っていた健康保険料や年金も含めると、かなり割安な感じがします。

日本の場合には、所得税や住民税の計算などに、社会保険料や基礎控除額があるので、単純には、比較できませんが、トータル的には、生活に必要なレベルの資金は、あまり変わらないというのが私なりの結論です。ニュージーランドでは、6万~7万ドル程度の収入がある人が、日本の年収で3百万円程度の生活ができているということになるかもしれません。

NZの平均年収は、4万ドル程度なので、その1.5倍程度の収入がなければ、日本での年収3百万円程度の生活もできない状態となるということかもしれません。このような経済的な面も考慮して、海外へ移住する覚悟が必要であることは、間違いないようです。日本のほうが、低所得者にとっては、やさしい生活ができるということなのかもしれません。先進国ではなく、マレーシアなどへ行くと、まったく別の世界ですね・・・・・

 

 

 

 

ふりーパパ氏の無料メルマガ「上昇株通信」

slide1