日経平均4万円か8千円・・・・

数年後に、日経平均4万円説と、日経平均8千円の予想とどちらが受け入れやすいでしょうか?日経平均が2倍になるのか、現在の1/3になるのかという想定となります。通常は、日経平均は、2012年にはこのレベルであったので、日経平均8千円のほうが受け入れ易いのではと思われます。私は、1980年代後半のバブルの頃にも株式投資をしていたので、案外、日経平均4万円説も受け入れやすい土壌があるあもしれません。最後の日経平均3万円→4万円弱になった時代で、覚えていることはあまりいい個別銘柄が上がらずに、変な仕手株や低位株ばかりが上がっていたことが記憶として残っています。

当時、バブルの最終局面で、もう500円以下の株がなくなるといって、管理銘柄であった「チッソ」なども、買われる相場となっていたことを思い出しました。しかしながら、当時と比較(PER60倍程度)して、現状は、極端に割高な状態でない(PER15倍程度)こともあり、現状はバブルとはいえない状態です。

あくまでシナリオとしては、今後、日経平均が4万円となるほうが、面白いとは思うのですが、さてどうなることでしょうか・・・・・このあたりは、オンサイトセミナーで話をするつもりでいます。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。