不動産投資と株式投資・・・・

株式投資では、「金融資産1億円」という明確な目標があります。それでは、不動産投資ではどのように考えるといいでしょうか?不動産投資は、日本の場合には、キャピタルゲインよりも大半がインカムゲインであり、例えば、投資数年目の不動産で、税引き前の借入金支払い後のネットキャッシュフローが1000万円達成されていれば、金融資産1億円の「億り人」と言えると考えています。簡単に言えば、借入金返済後のキャッシュフローが1000万円あり、その10倍程度の純資産(1億円)があるとういことで、評価をしています。例えば、3000万円のキャッシュフローがあれば、3億円の金融資産保有者と同じと考えていいのではという考え方です。

私の想定では、不動産は利回りや実質的な利回りを重視するバリュー投資に近く、株式投資は、主にキャピタルゲインで稼ぐグロース投資という面があるので、現在でも日本の場合には、不動産投資家のほうが億り人が多いのではと考えています。過去20年間、日本の株式は、デフレで大きく下がっていた一方で、その間も不動産は安定した賃料収入をもたらしているからです。ここ数年は、アベノミクス相場もあり、株式投資のほうが、多くの億り人を作り出してきているかもしれません。

私の場合には、株式投資と不動産投資の両方をやっていますが、株式投資に関しては、小型成長株が中心で、1億円以上のリスクをマーケットに晒す根性がなく、ある程度の資金ができると不動産投資に振り向けていました。ここ数年で、保有不動産の6割程度を売却をしたのですが、当初の投資元本よりも、かなり高く売れた物件は、ニュージーランドの不動産だけですが、日本の不動産でも、保有期間が10年未満でも、賃貸中の借入金の減少と、若干の値上がり益で、当初の投資資金に対するリターンは、かなり大きいものがありました。

考え方次第ですが、不動産投資や株式投資どちらでもいいのですが、自分がやり易い性格に合った投資で、「億り人」を目指すのが一番いいことは、間違いなさそうです。

 

 

 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。