新興国通貨・・・・・

NHKでも、新興国通貨の下落に関する報道がなされるようになりました。加えて、ドイツバンクの株価が大きく下落しています。

やっぱり、リスクオフの状態が続いているのでしょうか・・・・・・

doitu

 

やっぱり微妙・・・・

この数日をみていると、市場環境が正常化されたようで、まだ、そうでもないという感じとなっています。昨日の日経平均の下げをみると、やはり、まだ市場環境がよくないと思える状態です。

kawa

 

永遠に0(ゼロ)・・・・

ツイッターでちょっとつぶやいていたのですが、現在のように日本もインフレの状態となってきており、投資をしていないと豊かな生活はおくれないようになります。投資をしないと、「永遠に0」(お金が増えないどころかマイナスになる。)という状況となってきています。

ニュージーランドに住み始めて、約5年になりますが、NZX50株価インデックスは、2倍以上に上昇しています。実際にNZの物価は、3割くらい上がった感覚があります。長期にわたりNZで生活をしていた日本人も、物価高やビザの発給制限などで、日本へ戻る傾向が強まっています。インフレというものは、目に見えているようで、見えないものなのかもしれませんね。

eien

新興国の憂鬱・・・・・

米ドルの金利高で、新興国通貨や株式が売られています。さて、今後この問題がどうなっていくのでしょうか????

sinko

出所: 日経新聞

リスクオフ????

世界的に、リスクオフとなっています。NYダウも、25000ドルを回復してきています。米ドルは、111円まで売られています。日経平均も23000円を回復しています。このまま、上げ相場に転換するのでしょうか・・・・リスクオフからオンに切り替わったのでしょうか?

beidoru5

国債の買い入れ額と新興国通貨・・・・

難しいと思われる話ですが、ここのところ新興国通貨の暴落に近い現象が起こっています。もちろん経済的に問題がある新興国が中心です。アメリカの利上げなどインフレ抑制姿勢が続くようになると、更にそのリスクは高まる可能性もあります。

一方で、日銀の国債買い入れ額も少しずつ減少しているようです。大きな流れから言えば、日本も金融引き締め時期に入った可能性もあります。世界的にお金がじゃぶじゃぶな時代から、引き締めに入ると、相対的にお金の価値が上がるようになり、現物資産価値が下がる傾向が強くなります。

このような中で、今年二月の株価下落が起こった可能性も否めません。新興国通貨の下落という現象は、このような流れを反映するものであり、警戒感を持って臨む必要があるというのは、経験則に沿ったものかもしれません。

aruzen

マスメディアの闇・・・・

日本のマスメディア、特に新聞とTVというメディアが何をやっているのでしょうか?もりかけ問題というフェイクニュースを取り上げて、いまだに国会が混乱しています。とにかく、○○新聞なども安部おろしに集中しており、いったいメディアは、何がやりたいのか?

インターネット時代になって、新聞やTVなどの既存マスメディアの力が落ちてきていることに関して、危機感を感じているものかもしれません。発行部数が大きく減少している新聞や視聴率だけをおっかけて地上波TVが、このような状況に陥っているのだと、日本国民も気付くようになっています。

fake

藤井総太7段・・・・

藤井総太さんが、七段へ昇進しました。素晴らしい実力です。市場環境がいいと、彼のような優秀な個人投資家がたくさん現れます。過去においても、それが「まぐれ」であることを理解せずに消えていった個人投資家も多いものです。さて、今回のアベノミクス相場が大きかっただけに、調整も大きいのでしょうか?このような個人投資家が生き残っていけるのでしょうか?

magure

坊主丸儲け・・・・

坊主丸儲けとはいかなかったようです。FXで、儲けた利益を申告せずに脱税で挙げられています。もちろん、住職は、個人口座でやっていたので、確定申告が必要なことを知らなかったというのはどうかと思われます。加えて、FX口座のすべての情報が、税務署へもいっていることを認識がなかったというのもどうかと思われます。

bouz

株主総会・・・・

バークシャーハザウェイの今年の株主総会のことが、記事になっています。さすがと思いますが、バフェット氏の話は、参考になります。是非、皆さんもお読みください。

baffet