異次元緩和の緩和・・・・

日銀の黒田総裁が、異次元緩和を緩和する(購入金額を減らす)という考え方を持ってきているようです。日本経済が絶好調になってきたこともあり、市場では、量的緩和をテーパリングさせていく方向性で動くのではないかという思惑がでてきています。こうなってくると、中長期の円高・株安のシナリオもある程度想定しておく必要性もでてきそうです。

日本の中小企業の景況感も回復してきていることなども判断要素にあるようです。今後は、現状の好況を継続させる方向で動くことになるのでしょうか・・・

DI