厳しい現実・・・・

テニスのプロと言えども、厳しい現実があり、下部ツアーが八百長等不正プレーの温床となっているようです。世界のテニスツアープロでも、男子が、トップ350人、女子が250人しか食っていけないという現実があるようです。そう思うと、相場のプロ、セミプロとして生きている人数が圧倒的に多い相場の世界は、とってもいいなと感じますね。

tennis