ノモンハン事件・・・・

ノモンハン事件とは、実際には、満州に駐留していた日本軍とソ連軍の国境を争った戦闘(戦争)でした。日本軍が、手痛い損失を被った事件として語られることが多いのですが、ソ連軍も大きな損失を被っていました。

問題なのは、そこで、日本陸軍が内部的に萎縮してしまったことで、大失敗したということです。一方で、ソ連軍は、この戦いを通じて、その後のナチスドイツ軍の戦いに生かしているということです。詳細は、「失敗の本質」と言う書籍に書かれています。

私は、相場においても、失敗というのは多くの経験がありますが、失敗の研究をすることはめったにありません。逆に、成功の研究をするのが、一番いいと考えているからです。ソ連軍のような感じですかね・・・・

sippai