国債の買い入れ額と新興国通貨・・・・

難しいと思われる話ですが、ここのところ新興国通貨の暴落に近い現象が起こっています。もちろん経済的に問題がある新興国が中心です。アメリカの利上げなどインフレ抑制姿勢が続くようになると、更にそのリスクは高まる可能性もあります。

一方で、日銀の国債買い入れ額も少しずつ減少しているようです。大きな流れから言えば、日本も金融引き締め時期に入った可能性もあります。世界的にお金がじゃぶじゃぶな時代から、引き締めに入ると、相対的にお金の価値が上がるようになり、現物資産価値が下がる傾向が強くなります。

このような中で、今年二月の株価下落が起こった可能性も否めません。新興国通貨の下落という現象は、このような流れを反映するものであり、警戒感を持って臨む必要があるというのは、経験則に沿ったものかもしれません。

aruzen