スポンサーも好景気・・・・

日本のテニスプレイヤーの頂点にいる錦織圭選手の昨年度の収入が、37億円に達したという報道があります。とても素晴らしいと思います。世界的な好景気もあり、知名度を上げたい企業が、著名スポーツ選手のスポンサーになるための費用もうなぎのぼりになっているようです。彼の場合は、主に日本企業がスポンサーであり、日本の好景気と株高を反映しているかもしれません。

過去、日本でこれだけの金額を稼いだ個人スポーツの選手としては、ゴルフの石川遼選手がいます。野球で、メジャー移籍の高額年棒が取り上げられることもありますが、テニスやゴルフなどの人気個人競技で活躍できると、素晴らしい収入が得られるものだと感心します。ただし、世界のトッププレイヤーという、70億人の人口のトップ10という極端に狭き門であることは、間違いありません。

相場やビジネスの世界では、世界のトップ100万人くらいになれば、それなりに稼げるというマーケットですので、恵まれていますね。

nisi