株式投資はギャンブル・・・・

私のこのブログでも何度か書いたことのある内容ですが、照沼さんが少し記載されているので、突っ込んでおきたいと思います。株式投資は、ギャンブルと思って始めてもうまくいく人もいます。但し、私もそれはかなりの少数派とは思っていますが・・・・また、仮想通貨の投資家にとっては、仮想通貨トレードは、ギャンブルと思っていない点があるのだと思われます。単に、投資する対象が異なるだけかもしれません。FXトレードも同じかもしれません。

また、株式相場は、企業の資金調達の場であり、経済的に役に立っているという部分に関しても、仮想通貨のトレードも経済的に一定の役割を果たしているものと考えています。私は、仮想通貨のトレードは、金(ゴールド)のトレードと何ら変わりはないと思っています。仮想通貨の大ブームというか、バブルはもう数年は来ないにしても、ある程度社会で認知される存在になっていると思っています。但し、商品先物取引と同じように、上場株取引のように大きなマーケットにはならないという考え方です。

株式投資をギャンブルと考えてやる方は、初心者にはかなり多いように思われます。例えば、カジノへ行って、ルーレットをやるのと同じような感覚だと思います。ギャンブルは、確率を考えながら、胴元の手数料等を乗り越えて儲けるゲームと言えます。私も、社会人になりたての頃は、そのような感覚でやっていました。しかしながら、いろいろと勉強するうちに、なるほどギャンブルではなく、投資なんだという感覚になってきました。じゃ、どうやればうまくいくのかいろいろと勉強しながら実践するようになったのです。

株式投資も買った値段が上がるか下がるかの確率約50%のギャンブルといえないことはありません。但し、買った銘柄がどれくらい上がるかという確率を上げるための方策(投資手法)を取りながらやるゲームだと思っています。ということは、ある意味、いろいろな実際のビジネスとそれほど変わりがないということになります。

gyanburu