不動産投資の闇・・・・

がぼちゃの馬車などの問題が、かなり大きくなってきています。その後、不動産融資に関する私文書偽造にあたると思われる事例が多発しています。個人投資家に対する不動産投資に関連する融資を積極的に推進していた銀行も危うい状態になっているのかもしれません。中小地銀は、ゼロ金利政策で体力を失いつつあり、本業である融資事業にまで不祥事まで発生しており、さらに先行きが不透明化したかもしれません。

今後、金融庁や消費者庁も何らかの不動産投資をする個人に対する融資規制(ないしはガイドラインの設定)に動く可能性が高くなっており、少子高齢化におる空室率の増加や投資不動産市場の不活性化がもたらすリスクに対応する力が必要となってきているようです。最低限、以下のような書籍は読んでおくべきかもしれません。

yui