平均回帰・・・・

マネーヘッタチャンさんが、投資運用利回りの平均回帰のことを書かれています。私は、その通りだと思っています。私は、超初心者でもあった22歳の頃から、35年近く株式投資を続けていますが、平均利回りは、8%くらいではないかと思われます。オニール式の成長株投資を本格的に始めたのは、1992年からですが、日本のようなデフレ経済だと、プラス運用を継続することは極めて難しいと思われるからです。私は、この35年間で、100%の利回りを記録した年は、8回くらいあります。逆に、-50%近い年も、3回くらい経験しています。

ウォーレンバフェットが、生涯で20%程度の利回りを継続している理由としては、アメリカにおけるインフレがあると思われます。SP500指数も、10%程度の利回りであり、インデックスよりも、10%の超過リターンは凄いと思われますが、これは個別銘柄のリスクを取ったことによって、実現しています。

あとは、投資金額や投資対象の流動性によって大きく異なるのですが、株式インデックスよりも、+5%以上のパフォーマンスを確保していれば、辣腕投資家と考えていいと思っています。

市場環境がいい年、例えば、2017年のような新興株が乱舞した年には、年間利回りを100%を超えるような個人投資家が続出しますが、今年このような年には、年間利回り-20%、場合によっては、-50%くらいの投資家が続出する可能性があるということです。

平均回帰的なことを理解している投資家は、大成功した投資家でも、実際には、市場環境がよかったということが8割、投資家の投資手腕によるものが2割くらいという理解をしていると思われます。私は、そのようなことを、8割がつき(運)で、残りが投資家の手腕という考え方をしています。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する