新しい判断・・・・

株式投資の基準が変わっていくのでしょうか・・・・アメリカでも、法人税減税が行われていることから、企業価値の評価方法に変化がでてきているようです。経常利益などよりも、実際の税引き後のキャッシュフローがどれだけ生じているか(増えているか)という面を強調する株式アナリストが増えている感じがしています。

日本でも、ライザップのキャッシュフローが議論されています。負ののれんの収益計上によって、大きくかさ上げされている経常利益ですが、実際の営業キャッシュフローは、ほとんど生じていないという矛盾があります。ある意味、同社が完全な自転車操業に陥っている可能性が指摘されていました。不足した資金を、銀行などからの借入金や増資によって調達していたことが明確になっています。

株式投資においても、経常利益だけではなく、実際の営業キャッシュフローが増えているかどうかを判断する力が必要になるということかもしれません。

 

 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。