消費税増税の愚・・・・

今年年初に、ニトリの社長が、すでに内需が弱っていることを明確にしていました。現状は、そのことが決算発表に現れてくるようになっています。このような状態にもかかわらず消費税増税をすればどうなるかと言えば、日本経済が弱り、安部政権が崩壊する可能性もありそうです。このことは、2019年前半にもはっきりしてくると思われます。

はっきりと財政再建がでてきている状態にもかかわらず、消費税増税をする必要はありません。IMFも日本の財政状態がいいことを認めています。

財政均衡論が結果的にデフレを招く愚論であることがわかると思います。もう、消費税爆弾の導火線に火が付いており、国内消費がかなり悪化しています。すでに、日銀のEFTの買いの入らないJQ指数は悲鳴を上げています。JQ指数の銘柄の業績が大きく悪化しているからです。

hideomi