世界的な戦国時代か・・・・・

韓国における徴用工問題やレーダー照射問題の根底にあることを知っておくべきかもしれません。米韓同盟が終わる可能性があるということです。仮に終わったとして、米軍が韓国から撤収すると、日本や日本の周辺海域が、実際の戦地のように可能性が高まっているということです。既に、アメリカのマティス国防長官は退任しているし、日本の経済水域が、中国、韓国や北朝鮮の漁船に荒らされている状況がそれを反映しているようです。

1月3日の未明に起こった為替の「フラッシュクラッシュ」も、そのような複雑な背景があるという説もあるようです。米国を中心とする各国で、ファーウェイの排除などから発生した中国でのアップル製品の排除運動によって、中国などでのアップル製品の売上げ不振から、同社の売上げ予想が下方修正されたことがフラッシュクラッシュのきっかけとなっているからです。

完全なリスクオフとなれば、円高になります。そのような状態を反映している可能性もあります。昨日の中国関連銘柄の大幅値下がりもわかるようになってきました。ある意味、中国の景気後退から経済的に苦しい状態になっている中国が、何をしだすかわからない状態となっているということでしょうか・・・・・

米中衝突の最前線となりそうな「日本の株が売り」ということになるのでしょうか・・・・・

beikan0