複雑怪奇・・・・

カナダでファーウェイのCFOがつかまって、米中の貿易戦争が激化しているが、それまでのいろいろなことが複雑につながってくるようになった。ソフトバンクがアメリカで、スプリントを買収して、Tモバイルの合併を模索したが、アメリカ政府から却下された。たぶん、スプリントがファーウェイの機器を使っていたからそうなったのかもしれない。その後、ソフトバンクが、アームズというイギリスの半導体設計会社を買収。そのアームズが、ファーウェイの半導体の設計にからむようになった。

日本海で、韓国軍によるレーザー照射事件が起こったが、安部首相は、イギリスへ飛んで、そこで、日本海についても自衛隊とイギリス軍が、北朝鮮などの哨戒にあたるという合意を取り付けたという話もある。米軍が、韓国からの駐留をひくという話もあるが、その代わりにイギリス軍が、太平洋側にも関与してくるということか?

nichiei

こんな状況では、経済的なものよりも、各国の政治的な思惑が強くなってくるのは間違いない。また、こういう事象は、各国の経済状況が悪くなっている際に起こるものである。すでに、中国や韓国経済はボロボロという話もあるし、イギリスもブレグジットによる経済の悪化を恐れている。

本当に、複雑怪奇な状況なのだろう。

 

 

 

 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。