MMTは極端な理論か・・・・

MMT(現代貨幣理論)が極端な理論のように考えられている。もちろん、年間100兆円も財政ファイナンスをしたら、日本も高率のインフレが起こり経済がおかしくなる可能性がある。しかしながら、例えば、年間5~10兆円程度の減税をして、消費支出をすることで、経済を成長させて、マイルドなインフレへと導くことができないのか? この議論が、極端に、いくらでも自国通貨であれば財政ファイナンスに切り替えられるという説が、否定的な内容として語られる。どんな理論でも、極端な議論をすれば、すべて否定的になるのは当たり前である。例えば、自動車は事故が起こるから全面禁止のような論理。金融緩和だけして、一方で、増税によって消費にブレーキをかけている現状を考える一度やってみるということも必要ではないかと思う。現状は、デフレが続いているという中で、緊縮財政では、流れを変えることはできないのだから・・・・

 

 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。