ドイツ銀行・・・・・

メルケル首相は、ドイツ銀行を国(ドイツ)として救済をしないような主張をしている。ユーロ加盟国としては、数年前にイタリアの大手銀行が破綻の危機に瀕したことがあり、その際にもメルケル氏は、イタリア政府に救済をしてはならないような主張もしているので、これを撤回することもできない。すでに、ドイツ銀行の時価総額は、1兆円程度しかなく、2007年頃に、株価が100ユーロ(時価総額は、およそ23兆円)していた時代の面影もない。

もし、ドイツ政府がこの銀行を破綻させたら、リーマンショックの比ではない世界的な金融恐慌を招く恐れがある。2008年のリーマンショックの記憶もあり、ドイツ政府やドイツ中銀に対して、世界の政府や中央銀行から相当に強い圧力がかかるだろう。中国に入れ込みすぎたドイツ銀行がどうなるかが、今後の大きなポイントであることは、間違いなさそうだ。

もし、ドイツ銀行が破綻処理となれば、日経平均は、また1万円を割るような状態になることも容易に想定ができる。さて、どうなるか????

doitsu3

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。