利権の権化・・・

武田教授のYoutube番組で、太陽光発電の話がでている。もともと「再生可能エネルギー」なんてものはないのに、このような呼び方をするのは日本だけ。加えて、太陽光発言が、エコなんていうのはとんでもない話。太陽光パネルなどを作るために、大量の石油等が使われるからだ。実際には、石油を燃やして発電するほうが、効率よく電気ができる。太陽光発電の買取り制度によって、毎年3兆円以上も払わされている日本国民。消費税2%並みだ。こうやって、政府高官や官僚の天下り先や太陽光発電の団体(パネル製造企業や関連団体)などが、太陽光発電利権として、お金が入るようなシステムができるのだ。

ふざけているこのような利権システムが無数にあるのが、日本なのだ。官僚利権社会主義ともいえる状態だ。国民は、どんどん貧困化しても、官僚などはぬくぬくと生きているようなシステムが構築されているのだ。

taiyo

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。