日本での不動産投資・・・・

2018年からスルガ銀行などの不動産投資物件に対する不正融資問題が発覚してから、銀行の不動産に対する融資姿勢に大きな変化が見られる。私は、このようなタイミングでの不動産投資が得意だ。昨年11月から日本での不動産投資を再開しているが、それなりに面白い物件が散見されるようになった。そのような物件は、2017年頃は、売りに出した途端に「瞬間蒸発」ないしは、そのような物件情報が、インターネットサイト上で公開されることはなかった。

消費税増税による景気の悪化が懸念されるが、安倍政権が崩壊しても日銀によるリフレ政策は継続されるだろうと読んでいる。円金利は、あと4~5年は上がらないと思われる。さて、どうなるか・・・・・

suruga