駆け込み需要は起こらない・・・

日本政府は、消費税増税に対しての対策をとったためか、実際に増税前の駆け込み需要が起こっていないようだ。たった2%といいながら、日本国民から追加で毎年5兆円近いお金を吸い上げていく増税。財務官僚は、万々歳だが、日本国民の貧困化が進みそうだ。これを15%までするというような政治家もいて、完全に日本国の社会主義化を図ろうしているのではないかとも思われる。中国でさえ、消費税を減税している中での暴挙であり、安倍政権がおかしくなるのが目に見えてきたかもしれない。

経済評論家の上念司氏が、MMT(現代貨幣理論)批判をしているが、実際には、MMTもリフレ理論もほとんど変わらない。彼が言及している経済評論家の安達誠司氏もMMTを否定していない。安達氏の論調では、これ以上の量的緩和はかなり難しいというように聞こえる。インフレが止まらなくなるという意味では、リフレ政策もMMTも政策には、同じ限界がある。結局、金融緩和も財政出動も、日銀か日本政府が市中のお金を増やすことに異なる点はない。

但し、金融緩和の場合には、金利の引き上げ、MMTの場合には、財政出動を減らすか増税すれば、インフレ抑止効果がでるはずだ。上念氏が失敗を主張している戦前の安藤財政は、政府が主出を減らそうとしたら、軍部などの軍事利権を主張する抵抗勢力が事件などを起こして、軍備などの財政支出を減らすことができなかったことについては、言及していない。

上念氏も持論のリフレを否定されたようになっており、かなり感情的になっている気がする。

jyonen

 

 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。