前澤社長・・・・

ヤフーの買収によって、ZOZOの前澤社長は、2400億円程度を手にいれるという話がありますが、昨年に、ZOZOの株式を取得するために借りていたお金を返さなければならないし、納税も考えると、200億円~400億円程度手元に残るくらいかという説もあります。

去年、ZOZOの時価総額が1.3兆円くらいの時期に、株式市場で、約5%のZOZO株の買い増しをしており、これを650億円程度の借入金で賄っていたようです。なので、前澤社長のZOZO株の取得簿価は、これを含めると、2000億円程度となっている可能性がありそうです。2400億円-2000億円(簿価)=400億円が、売却益で100億円程度納税したとすれば、残りが、300億円くらいかもしれません。

バスキアの絵なども売却処分したのは、ZOZOの株価が下がって担保評価が大きく下がり、追加担保を入れる必要性があったからというのがもっぱらの噂です。本人は、月旅行の代金やZOZO株取得の借金などのことで同社株を売却したのでないと言っているのですが、いろいろと散財をし続けたことも影響している可能性はありそうです。いずれにせよ、ヤフージャパンという救世主が現れてよかったということかもしれません。

mez

ふりーパパ氏の無料メルマガ「上昇株通信」

slide1