比較的強気のポジション・・・

昨日もある銘柄の買い増しをして、今年3月頃に比較すると、ポジションが倍増しています。たったの2銘柄にしか投資をしていませんが、今年6月に一度証券口座から引き出した現金も再投入して、投資資金を増やす予定です。それでも、去年のチャイナショック前の60%程度の投資です。

今年は、年初に投資資金を大きく減らしたのも影響していますが、去年よりはパフォーマンスがかなり良くなっています。不思議なものですね。(笑)

リスクに対する感じ方

リスクに対して、感じない方もいれば感じすぎる方もいます。このような違いが、相場のやり方にも反映されます。私はどちらかと言えば、感じ過ぎるほうかもしれません。リスクが大きくなっていると感じれば、ポジションをすぐに小さくしていき、ここが勝負だというような投資はしません。

大切なことは、リスクがあっても投資し続ける力とか、リスクばかりが気になって何もしないかということかもしれません。結局、リスクというものは、管理しきれないので、ある程度リスクを楽しむようなことも必要です。但し、自分の力量を超えるようなリスクを取って、失敗すると再び立ち上がれなくなるというようなことはしないようにしたいものです。

 

 

そろそろ・・・

そろそろクリスマス休暇&正月休暇に入るので、
株もFXのポジションも少しずつ縮小しています。
株もFXも何度でも買いなおせるのが、いいところなので、
少しお休みをいれながらやろうと考えています。
今週金曜日までには、ポジションは、今の1/3程度まで
縮小しようと思っています。

続きを読む…

さて、買い増し・・・・

 昨日もある銘柄を売却して、ある銘柄を買い増ししました。今日もある銘柄の買い増しを実行します。これで、投資銘柄数は1銘柄減りましたが、ある銘柄のポジションが増えたので、ポジション増になりました。今日もその銘柄を買い増しするのです。
 さて、どうなることやら・・・・・・・

それなりにいけるかも!

 米国の大手投資銀行株の買い増しています。今のところ順調です。株高と円安のダブルメリットを享受していいきたいものですね。米ドルはとりあえずの節目である111.50円を突破して、円安方向へ動きそうです。もちろん、サブプライムリスクを真っ向からとっているので、再燃すれば大きくやられそうですが。。。

冷静になって!

 週末に、冷静になって、今回の状況下での損益等を計算していて、ちょっと問題になったのが、結局「税金」でした。個人口座は、「くりっく365」を使って取引をしていたので約1年維持していたポジションを手仕舞いして利益を確定させたので、その利益に対して20%の税金がかかります。この額が○百万円くらいになります。ご承知の通り、これは、先物の利益などとは相殺できますが、現物株式の損失などをの損益通算はできません。

 今回は、会社の口座で損失、個人の口座では利益がでており、やっぱり無理をして、会社の口座で単年度で儲けようとしたことが大きな失敗の原因と冷静に分析しています。これからはややスローダウンさせて、会社の口座での損失回復に努めるということにしました。個人口座については、これまでの方法を継続するということにしました。

 また、会社の口座の取引については当初の計画が無謀であったことを反省しています。両建てのヘッジがうまくいかなかったことよりも、基本的に、短期的な収益狙いで、高値圏で大きく取引したことを反省したほうがいいというのが冷静になっての判断です。反省だけならなのですが、あの時点では、利益が大きくなっていたことも今回の大きな損失につながったことも否めません。

 相場は今日もそこにあります。ゆったりやりましょうね。

凄い状態!

 結構激しいガラ(暴落)が立て続けにきましたね。ついに、米ドルも116円台へ突入115円まではいきそうな感じです。ユーロ/円も音を立てて崩れてきました。。。。

 今日も自分の口座をみると不思議な感じになってきました。今日は、ヘッジのポンドが買い戻しの指値に引っかかり実現益がたくさんあるのですが、その分膨大な含み損があります。もちろん、買戻したのに気付いてまた売りなおしていますが、ちょっと、自分でも混乱をしています。

 とりあえず、クロス円は全通貨で、下値目標値に届いており、この後も円高が続くとすると、次の下値までいくと、含み損はいったいいくらになるのか計算すると史上最大最強の含み損となりそうです。もちろん、ヘッジの含み益と90%くらいは相殺できると思われますが、少し恐怖感を感じています。

 今日はスワップ派のはやぶささんとお話をしていました。彼のセミナーにでていたことがご縁で、いろいろとお話をしましたが、やはり、凄い人でした。彼のシステムで、私のオージー買いとポンド売りの相関係数を確認していたところ、過去1年、2年では、0.93以上で、3年でも0.89でヘッジ通貨としては機能することが確認できてほっと胸をなでおろしました。オーバーヘッジはしたくないので、ヘッジは90%程度に止めていますが、それでも下落スピードの違いもあり、考えてしまう局面はあるのですがね。

 ゆったりできませんね。

台風一過 オージー(豪ドル)に買いサイン!

 昨日、オージーが102円を越えて、P&Fで買いサインがでました。なので、ヘッジポジションのポンド売りを一部はずしました。今朝おきて、更なる円安が進んでおり、もっと落としてもよかったかなんて思っています。現在のヘッジ率は、約50%です。

 今朝の米国市場をみて、とりあえずサブプライム台風が過ぎ去ったという感じがしています。次の台風は、日銀の利上げ台風ということになりそうです。日経平均が約1000円ほど調整、小型株の指数は安値更新中であり、このような状況下で「福井先生」がどのような判断を下されるでしょうかね。利上げをしても「0.25%」ではないかという感じでしょうか。。。サプライズの0.5%利上げはなくなったでしょう。

 ここ数日間、南アランドの強さが目立っていたのですが、やはり、このようなキャリートレード通貨が強かったということからしても、しばらく円安方向から円高方向への転換はなさそうだという気がしています。いずれにせよ、米ドルは世界経済を支えているということに間違いはないので、米国の事象が世界に影響するということは気にかけていたほうがいいかもしれませんね。

 スワップ日和になりました。ゆったりやりましょうね。

蓋をしたまま!!!!

 日曜日から今日まで出かけていたので、ポジションは先週のままです。オージー買いをポンド売りで蓋をしている状況に変わりはありません。スワップが増えているような気もしますが、たいした金額でありません。米国株も不安定な状況が継続していますし、無理をしないで、このまましばらくいこうと思います。

 今週末まではこのままのポジションでいこうと思います。それにしても米ドルの弱いこと。。。やはり、115円レベルまで下落の可能性は十分にあると考えたほうがよさそうです。それにつられて、欧州通貨も円高になりそうですね。

 ゆったりやりましょうね。

当初からの計画通り!

 ちょっとした質問がきました。どうして両建てでヘッジをしたのですか?ポジションを全部解消するほうがいいんじゃないですか?という内容です。

 オージーを買っていたのですが、かなり高値の水準(52週の移動平均値の110%以上)でポジションを張ることを考えていたので、万一、円高になったらどうしようということを考えていました。その中で、円高の際には、すべてのユーロ系通貨が円高になるだろうから、P&Fでオージーに売りサインが出たら、オージーより金利が低く、値動きの相関性の高いユーロないしはポンドを売ろうと計画していたのです。

 ユーロについてはすでにポンドよりも円高の方向に動いていたので、とりあえず、ポンドを売ることで、ポジションのヘッジをしました。なので、当初に計画した通りに動いたというのが説明になると思います。

 ゆったりやりましょうね。