いよいよヤバイ・・・・

ドイツ銀行の株価が、史上最安値を更新中です。中国向けのエクスポージャーが多いだけに、リスクが大きいとみられているようです。再び、リーマンショックのような金融危機を起こすのでしょうか・・・・

doitsu

内部統制できない中国・・・・

米中貿易戦争が激化してきている。中国では法律などの整備をしているが、その法律を遵守させることができないので、実効力がないということだ。一方で、アメリカ経済の中国依存からの脱却が図られはじめており、アメリカは、中国経済がどうなろうと関係ないという状態になってきている。中国依存の高い日本はどうなるのか? 経団連の会社なども考え方を改める必要性がでているかもしれない。

このような状況下、ファーウェイに対して、グーグルは、アンドロイドOSの供給を止めるということで、スマホの世界がどのように変化するか?注目をしておくべきかもしれない。

farway

人間ドックは、がんになるだけ・・・・

今週の週刊現代の記事(ぴんぴんころりのコツ、病院にいかない、検査をしない。)を読んでいると、やはり「人間ドック」などの検査は、悪い点がかなり多い。特にPET、バリウム検査やMRI検査は、被爆によって逆にがんを増長するようだ。メタボ認定とか、血圧についても明らかに、多くの日本人を病人にしようとする医療業界のインチキとも言えそうだ。私も、がん検査は毎年すべきということで、40代前半の頃に何度がPET検査を受けたが、直径5ミリ程度のがんまで発見できるというが、発見しても「がんもどき」で、治療しても意味がないことも多いことも証明されはじめている。

その昔、うちの飼い犬が1歳数か月の時に、後ろ足にできものができて細胞検査をしたら悪性腫瘍ということであり、切除手術をしたが、結局、その後、15歳まで生きていた。たぶんこの悪性腫瘍というものは、「がんもどき」であったということではないかと思われる。悪性腫瘍でもがんもどきと移転するがんとの区別はできないのが現状という説もある。私は、ニュージーランドに移住してから約5年以上も人間ドックを受けたことはない。また、同国では人間ドックというコンセプト自体があまりないというのが実情だ。

genndai

想定外のGDP・・・・

日本の1~3月期のGDPの発表があった。何と、想定外のプラス成長。このままでは、消費税増税が実施される可能性も・・・・

kann

消費税減税????

官房長官まで、内閣不信任案が出されれば、賛成するような話をするようになった。安倍政権の支持率が大きく上がっていることもありえる。今朝のTBSの番組でも、衆参同時選挙の可能性がかなり高まっている可能性があることを報道していた。但し、安倍政権には、衆参同時選挙をやる大儀がない。ひょっとしたら、「消費税減税」を掲げて戦う可能性が高くなってきたようだ。財務省主導の政治が変わる時代になれば、面白い。消費税減税は、令和という新しい時代にふさわしい政策だ。麻生財務相が、どう対処するのかがポイントだろう・・・・・

asou

日本に戻りました・・・・

昨日から日本に戻っています。東京の景気も減速感があるのかと思われます。今週はそのようなことを確認しながら動きます。

怪しい流れ・・・・

中国ファーウェイの具体的な技術を盗む方法が報告されている。アメリカも本気で最新技術の漏洩に対処しないといけないということのようだ。米中貿易戦争は、終わらない戦争となる可能性が出てきた。米国株市場もおかしくなってきたようだ。さて、日本株市場は、どうなるか。安倍首相は、「消費税増税」をどうするかがポイント?

hideomi

日本国民は、最悪シナリオに操作される・・・

日本国民は、常に最悪のシナリオに踊らされる国民ではないかと思う。財政破綻して、ハイパーインフレが起こるからといって、国民生活をどんどん貧困に追い込む増税政策に踊らされている。年金もそもそもは保険なので、破綻をすることがない。現在は、65歳からの支給であるが、今後10年で、70歳まで支給期限が延ばされる。健康年齢が伸びれば、それまで働けばいい。私は、生涯、年金をもらえない可能性が高い。一定の収入が死ぬまで続く可能性が高いからだ。

私は、若い頃に、MITのメドウズ氏が書いた「成長の限界」という書籍を読まされた。地球の資源が枯渇して、人類滅亡のようなシナリオだ。しかし、世界の人口が、70億人をこえても、地球の資源は潤沢に維持されている。この書籍の著者も、1990年代には、この書籍の内容が間違いであったことを認めている。

結局、このような極論が世の中を突き動かすエネルギーとなるのかもしれない。

jyosi

 

 

左翼老人・・・・

左翼老人というのが、日本のメディア(TVなど)を左翼化させているという話がある。面白いのは、結局視聴者の視聴率至上主義が行き届いて、左翼老人がTVをよくみるので、そうなってしまっているという結果だ。同じように、財務官僚が、PBばかり主張しているのは、彼らが、それを正しいと思っているからのようだ。間違ったPBを支持しているのは、国民だ。もちろん、財務官僚は、家計に例えて、性がが財政破綻して、日本国民が困るという主張をする。といいつつ、日本国民は、30年近くも貧しくなっている。引き続きそうしようとしている政府自民党は、どうしようもないのかも。

sayoku

 

 

 

サスティナブル・・・・・(笑)

ヨーロッパが、1970年代に、アジア諸国の発展を阻害しようとして、発明した言葉「サスティナブル」(持続可能な社会)という言語。節電とか紙の再生とか、いろいろやりすぎて、日本はどんどん貧しくなっている。もちろん、それで発展した技術も素晴らしいものがある。しかし、ニュージーランドでは、節電という言葉もないし、電気製品に、電力使用料ランキングはついているが、家庭で節電するようなことはない。サスティナブル作戦にまんまと引っかかるのが日本でしょうか(笑)

hoto