いよいよヤバイ・・・・

ドイツ銀行の株価が、史上最安値を更新中です。中国向けのエクスポージャーが多いだけに、リスクが大きいとみられているようです。再び、リーマンショックのような金融危機を起こすのでしょうか・・・・

doitsu

怪しい流れ・・・・

中国ファーウェイの具体的な技術を盗む方法が報告されている。アメリカも本気で最新技術の漏洩に対処しないといけないということのようだ。米中貿易戦争は、終わらない戦争となる可能性が出てきた。米国株市場もおかしくなってきたようだ。さて、日本株市場は、どうなるか。安倍首相は、「消費税増税」をどうするかがポイント?

hideomi

令和元年・・・・

「令和元年」になりました。昨晩、カウントダウンをみていました。新しい御代がいい時代になればいいと思います。特に、経済的にそうなってほしいと思っています。ようやく増税路線からの転換も図られる可能性もでてきています。財政緊縮とかPBとかという言葉が、死語になることを期待しています。日本にとって、MMT理論(現代貨幣理論)が一般的に受け入れらる時代となれば、大きな変化になります。 昨日、藤巻参議院議員も、ツイッターで、かなり多くの方が、日本破綻からハイパーインフレ論の根拠について、問われていたようです。財務省がMMT理論に対して、自分で自分の首を絞めるような反論もしており、MMTは、大きなうねりとなってきたようです。

mirai

 

 

 

リスクオン・・・

世界的に、リスクオンになってきているのか?円安株高の状況となりつつある。先物や現物あるいは、インバースETFなどの空売り筋が厳しい状態となっているようだ。10連休も目前に迫ってきており、無理してリスクをとる必要もない。株式市場にはいつでも参加可能だ。

ハワイから戻りました・・・・

常夏のハワイから、オークランドへ戻った。さすがに、寒さを感じる。アメリカ市場も、ナスダック指数は、高値近辺の値動きになっている。GAFA銘柄の業績が好調なことを反映しているようだ。これならトランプ大統領の2期目も安泰となるだろう。

trup

ご祝儀相場・・・・

昨日、新元号「令和」が発表された。新しい御世が始めることを囃して株価も上昇したのか?中国のバブル崩壊の影響は、軽微に留まるか?これを分析したブログもある。日本は、中国との関係で言えば、サプライチェーンに取り込まれており、影響が大きい可能性が高い。現状は、「売り筋」が多すぎて、株価があげる状態とも言える。いつ株式市場に異変が起こるのか・・・・

reiw

今期も終わり・・・・

御世も変わろうとしている。2020年3月期の決算予想が注目されるようになる。少し面白い銘柄もでてきたが、国内景気の後退は、今後大きく影響してくるだろう・・・・

景気後退が鮮明に・・・・

中国の景気後退が鮮明になってきており、日本国内のシンクタンクなども、不況がやってくるようなレポートを出すようになっている。このようなことは、昨年末の株式市場の異変で感じられたことだ。来期の日本企業の業績は、2割程度の経常減益か?

 

乖離が大きい・・・・

日経平均の現物と先物の乖離が大きくなってきている。1980年代のバブル頃は、常に先物のほうが高かった。その後、株式市場が正常化されたのか、過去30年くらいは、先物のほうが安くなっている。今は、売り筋が多いのか、先物のが現物よりかなり安く取引されている。結局、投資家の思惑が先物価格に影響を与えているということだろう。

不動産が下がれば・・・・・

不動産が下がるマーケットでは、現物資産である株式相場も下がるのが通常。しばらくは厳しい展開か?