8301の謎・・・・

過去5年ほど、日銀の株価は下げ続けています。株主のうち、財務省が55%とか金融機関が6%はわかるのですが、残り39%を個人が持っているという話があります。いったい誰なのでしょうか?ほとんどの株主は、ここ数十年変化がないという話もあるようです。

1980年代に、証券会社から私の母に、「日銀の株買いませんか?」という話があって、四季報で調べた記憶があります。配当利回りで、7%くらいあった記憶があります。その時に始めて、日銀の株(出資証券)が取引されていることを知りました。

最近の株価推移は、以下の通りです。 アメリカのFRBは完全に民間銀行であるのですが、通貨発行権を持っており、本当にモルガン家のような金融マフィアが支配しているというような話は事実であるような感覚になります。(笑)

boj

3冊目の書籍・・・・

DUKE。さんと共著で、成長株投資の真髄に迫る書籍を書くことになりました。これで、3冊目の書籍です。これまでの書籍も役に立つ内容が多いのですが、折に触れてこのブログでも取り上げていこうと思います。

ゼロから純資産5億円を築いた私の投資法

 

株は新高値で買いなさい!今日から始める成長株投資

 

キーワードは「新高値」

明日の朝、オークランド出て東京へ向かいます。いよいよ、DUKE。さんとの合同セミナーが、今週土曜に近づいてきました。 セミナーの原稿も出来上がり、エンジュクさんへ送付しています。DUKE。さんも私も、キーワードは、「新高値」です。みなさんとセミナーでお会いできるのを楽しみにしています!!!

20160830_213013

牛丼500円は当たり前

森本卓郎氏が、「円安が続けば牛丼500円時代がくる。」という話をしています。私の住んでいるニュージーランドは、食料自給率が400%近い国ですが、牛丼は、安くても12ドル(1000円)程度します。ナイトマーケットという屋台村のような貧相な場所で、ようやく5ドル程度でまっとうな食事が可能です。日本全国、吉野家などの牛丼チェーンにいけば、400円で食事ができるというたいへん恵まれた環境です。

オークランドでは、ランチなどの平均価格は、15ドル程度です。イギリスへ行けば、マクドナルドでは、2000円程度かかります。アメリカでも10ドル程度かかります。日本では、600円程度で済みます。

日本は、長きにわたってデフレが続いたので、物価水準は、先進国の中で最低水準となっています。日本からの旅行者は、こちらの生活物価の高さに驚かされるようです。逆にいえば、先進国からの旅行者は、日本の物価の安さに驚いていることでしょう。私も日本に戻ると、コンビニの弁当を食べますが、300円台で食べられるというのが不思議でなりません。

考えておかないといけないのは、政府のインフレターゲット政策が成功するとすれば、格差のほとんどない日本でも、大きな格差ができることです。上場株式などの資産を持つものと持たざるものの差が、10年単位でみれば、かなり大きな差になるということです。若い人も、しっかりお金を貯めて、投資することが重要になります。このような視点を持つことが、私が提唱している「投資家目線」ということです。

 

 

本の読み方・・・・

ニュージーランドで、定期的にビジネス勉強をやっています。ある方が、以下のような書籍を読んで、彼によれば、たしかに彼女は、頑張ったのかもしれないけど、見習うような内容がないというご意見でした。

「TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール」

 

自分のおかれた立場やこれまでにやってきたことなどを考えて、役に立たない本という判断をされたようです。私がみると、なるほどと参考になることが山ほど書かれているように感じました。読み方や感じ方で、こんなにも書籍の評価が変わるものかということを実感しました。 彼に私が出した書籍を読んでもらっても同じような判断になるのかもしれないと思ってしまいました。同じ書籍を読んでも、いろいろなご意見になるのは間違いありません。私は、以下のような書籍が好きです。日本で「フーターズ」をやっているような方が書いた本ですが、女性の仕事への考え方や使い方がたいへん参考になります。現在、ある女性にこの書籍を読んでもらっているのですが、彼女の意見を楽しみにしています。

バイト女子を「看板娘」に育てる方法

 

私は、書籍の購入だけで、これまで約30年で、2000万円以上の出費をしていますが、日本にはたくさんビジネスなどの参考になる書籍があって幸せだと感じます。ニュージーランドでは、ビジネス書籍は、平均50ドル以上する高価な商品です。また、数もそれほど多くはありません。

ランキング・・・・

たいへん、うれしいことが起こりました。皆さんにご購読頂き、大変感謝いたしております。本当にありがとうございます。続編(株式投資詳細編)の執筆に向けて、気合を入れていきますので、よろしくお願いいたします。 (^^♪

オークランド生活が一年になります・・

ニュージーランドへ移住して、もうすぐ一年になります。こちらへきても日本の情報はインターネットでほとんどリアルタイムで取れます。便利な時代になったものです。ヤフージャパンなどのアプリを使用していると、災害などの速報も入るし、日本に住んでいるのとなんら違いがない状況です。

相場するにも何ら障害はありません。こちらの自宅のインターネットのスピードが遅いのが難点ですが、11月から事務所も構えることにしたで、そちらには、光ファイバーを施設する予定で動いているので、ネットのスピード問題も解決します。

ニュージーランドのテレビをみていても、日本のニュースはたまにしか放映されません。先日の御嶽山の噴火は、トップニュースでしたが、これくらいのニュースでないとほとんどテレビなどで日本のニュースなどはありません。

自然はあまるほどあるのですが、何かしていないと退屈な国であることは間違いありませんが、そのペースに慣れてくると案外いい国という印象に変化してきています。あと、数年はこちらで生活をしたいと思っています。

NZ$も、去年こちらにきた時程度のレートに戻ってきているので、必要な金額をFXで積み増し中です。80円を割ってきたら、大きく買っていこうと思っていますが、そこまでは円高にならないと想定しています。

官僚国家日本の解説

いい本のようです。

日本がなぜこのような仕組みになっているのかよく

理解できます。

 

No.1

ついに、福島原発事故が、チェルノブイリの事故を越えて
No.1になっていることを米国当局が認定
したようです。
放射能の量は、チェルノブイリの2倍近くで、現在も継続して
もれているので、どこで止まるのか想定できないようです。
恐ろしいことですね・・・・

オークランド生活

ニュージーランドへきて、約50日が経過しました。
懸案事項であった東京の自宅の売却も決まり、
こちらの永住権を取る方向で動いています。

続きを読む…