弾道ミサイル発射・・・

北朝鮮が、弾道ミサイルを発射しています。警戒情報は流れませんでした。瞬間的には、円高になりましたが、金融マーケットには、大きな影響はなかったようです。核実験のほうがヤバイのかもしれません。

ロフテッド軌道で発射されており、この弾道であれば、アメリカに届く可能性も出てきているようです。とりあえず、大きな影響はなさそうですが、北朝鮮有事については、当面のリスク要因となることには、注意が必要です。

年末は円高になる・・・

先週から少し円高の流れとなりつつあります。来月には、米国の利上げが想定されています。にも拘わらず、このまま円高になっていくのでしょうか?年末に米ドルが110円を割って円高になっていく相場も想定していたほうがいいのかもしれません。

また、GPS衛星の場所がずれているのか(ないしはずらされているのか)、カーナビの動きがよくないのは、北朝鮮有事がある可能性を示唆しているのでしょうか。少し警戒をしたほうがよさそうです・・・・

12月利上げ・・・・

金曜日の夜に、米国雇用統計が発表されています。失業率は、2000年以来の低失業率を記録して、今年12月の利上げが確実視されています。FRB議長は、パウエル氏を指名されており、変化がありそうですが、さてどうなることでしょうか?

このような状況に為替市場は大きな反応をしておらず、今後も現状の流れが続くということでしょうか・・・・

円は安定的・・・・

今後、しばらくは円は、110円~115円程度で推移するというような予想が増えてきています。年初から大手証券会社は、米ドル高による円安を想定していましたが、115円を超えるような円安とはなっていません。それでも、日本企業の経常増益率は、10%程度が想定されています。今年期初に想定されていて為替レート、例えば、TOYOTAの米ドル105円などと比較すると円安が続いているからです。

加えて、中国景気の回復が見えてきており、コマツなどの株価も大きく上昇してきています。今のところ、アメリカ、日本、中国は、北朝鮮問題に集中しており、貿易摩擦などの話し合いをする余裕もないようです。引き続き、今のレベルの為替相場は、日本経済にとっては、いいレベルであり続けるのかもしれません。

円安の流れ???

久しぶりに、米ドルが113円台をつけています。年末に向けて、円安相場となるのでしょうか?トレンドラインを上抜けてくると、115円台の円安相場も想定される状況になります。チャート的には、バランス点が、111円くらいになっているので、少し円安の流れに傾いているのかもしれません。

昨日は、中小型のエレクトロニクス株などが買われており、円安が、これらの企業の追い風になることが示唆されているのかもしれません。

年初来の円高か米ドル安か???

米ドルが、107円台をつけています。去年のトランプ大統領が選挙に勝ってから、米ドル高・円安が続いていましたが、今年6月ころから変化がみられています。現在は、米ドル安のほうが要因のようですが、米ドルは、105円-110円のレンジ相場に転換したということだと思われます。日経平均も現在の為替レベルでは、2万円台乗せは厳しくなったといえそうです。

雇用統計

昨晩、米国の雇用統計が発表されています。あまり強くはなかったようで、しばらくは利上げもないのかもしれません。

米ドル安・・・・

ここ数日、米ドルが売られている感覚があります。ユーロが対米ドルで強いということもありそうです。アメリカで、人種問題がいろいろと取り沙汰されるようになり、トランプ政権の運営にも悪影響を与えているようです。

110円割れ・・・

米ドルが110円を割れてきています。今度は、円高へ動くということでしょうか?109円を割れると、円高トレンドへ転換した可能性も高くなります。さて、どうなることでしょうか?

米ドル安・・・

米ドルが、110円台に入ってきています。ユーロは、130円台を維持しており、米ドル安が進んでいるようです。チャート的には、ボックス圏内の値動きですが、109円~108円台も視野に入れておくべきかもしれません。